鳥取県倉吉市と東伯郡(三朝・湯梨浜・琴浦・北栄)中心エリアでの暮らし・・・ま、適当だけど。
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
倉吉情報ポータルサイト★くらよしたうんうぉーかー★へ「倉吉ブログ★1」へ日本ブログ村・トラコミュ「倉吉」日本ブログ村「鳥取情報」人気ブログランキング地域情報「鳥取県」管理人への連絡フォームへ
メトロポリタン・オペラ@東京、を観てきました


6月11日(土)
らっきょうの収穫のピークの中・・
しかも、親戚の結婚式の当日。(カミさんに代理出席をお願いして・・・)
C席(NHKホール3階席)4万円も支払って。
なんとか行く計画をたてて行ってきましたよ。
日帰り強行スケジュールね。

プッチーニ「ラ・ボエーム」のネトレブコと、らっきょう畑 | 倉吉ブログ*2

なんと、お目当てのネトレブコ(ロシア人ソプラノ歌手)が降板していたのです。
福島原発事故の収束が長期化し、チェルノブイリ事故のトラウマのためだそうで・・・
「もしかしたら」という不安が的中してしまって、すんごいショックだったですよ。

で、紆余曲折あって、「ドン・カルロ」に出演予定のバルバラ・フリットリが代役に。
おー、こりゃいいわ。フリットリ(イタリア人ソプラノ歌手)でも全然かまいません。

↓いろいろ鳥取情報があります、応援ポチポチお願いします。
にほんブログ村-「倉吉情報」 にほんブログ村-鳥取情報満載Blogへ直行!倉吉ブロガーもいっぱいです。 にほんブログ村-「山陰情報」へ直行。 人気ブログランキング鳥取情報へ

↓これが出演者変更のお知らせ葉書・・・。



大きな画像はここをクリック

いやぁ、行って本当によかったです。「ラ・ボエーム」。
ファビオ・ルイジの指揮がちょいと歌手とズレたとこがあったけど、
音楽の流れはとても心地よいものでした。
とくに、フリットリの歌唱にはウットリでした。
ネトレブコみたいな派手さはないけど清楚で可愛いミミだった。
ロドルフォ役のベチャワとも息がぴったり。
代役でこれだけ素晴らしい歌唱が出来るとは、さすがに超一流。

大満足でした。

しかし、NHKホールの音響はもうひとつ。
3階席だからというのが原因なのか?残響時間が短くてとどかない。
メトロポリタン歌劇場管弦楽団の音が室内管弦楽団のようだった。
でも、F.ルイジの指揮はそれを補って余りあるほど素晴らしいものでした。

幾多の困難を乗り越えてくれた、Metに感謝感激。
惜しみない拍手を送りたい。
倉吉に帰ってからも、しばらく余韻にひたっています。

バルバラ・フリットリ - Google 画像検索


プッチーニ「ラ・ボエーム」 第1幕「私の名はミミ」 バルバラ・フリットリ
”Si..mi chiamano Mimì”


プッチーニ「ラ・ボエーム」 第3幕「あなたの愛の呼ぶ声に」 バルバラ・フリットリ
"Donde lieta uscì al tuo grido d'amore"

23:41 音楽 comments(4)
comment
>Jazz好き猫娘さん
あー、それ見逃した。
ショスタコ、基本的に好きですから。
あと2 2011/06/18 18:50
有り難うございます♪今、題名のない音楽会を視てます。佐渡裕とベルリンフィルを放映中♪『革命』いいです!!
Jazz好き猫娘 2011/06/18 11:00
>Jazz好き猫娘さん
はいはい、例の企画ですね。
ついに決行ですか。
今月中に立ち寄らせてもらいます。
あと2 2011/06/15 20:26
収穫忙しい中、優しい奥方に身代わり出席させてまで流石っ!…っと言いたいが『どんだけぇ〜っ!』って感じですかねぇ(笑)申し遅れました倉吉のJazz屋でございます。クラシック熱中症の御貴殿に来月当店にてクラシック試聴会が御座りまする。詳しくは御来店の時に。
Jazz好き猫娘 2011/06/14 19:29

message :